TOP競技レポート記事一覧 > 競技レポート詳細

カクテルが圧巻の強さで大会7連覇「皇后杯 第31回日本女子車いすバスケットボール大会」

2022.08.11

2022年8月6日(土)、7日(日)、兵庫県のグリーンアリーナ神戸で、「皇后杯 第31回日本女子車いすバスケットボール大会」が開催された。今大会には全国から6チームが参加し、大会1日目に予選リーグ、2日目に順位決定戦が行われた。
今大会で最も注目のチームは、北田千尋、網本麻里、柳本あまねといった女子日本代表の選手を多く要すカクテル(近畿)。大会6連覇中で、今大会でも優勝候補筆頭に挙げられる。
新型コロナウイルスの影響で、2年半ぶりの開催となった今大会は、各チーム、メンバーの入れ替わりや新戦力の加入があり、新しいチーム作りも見どころの一つとなった。


2日目の第1試合、5位-6位決定戦の組み合わせは、ELFIN(関東) vs パッション(四国)。この試合、パッションが、健常者プレーヤーの只信実鈴が機動力となり、ローポインターの青山結依、小林真由が良い状態でシュートを決め、得点を積み重ねた。また、後半からは、立岡ほたるの連続得点もあり、20-43でパッションが勝利した。ELFINは、今大会若手主体のメンバーで参加。予選リーグから苦しいゲームが続いていたが、ヘッドコーチも務める添田智恵が、ゲームを通して若手選手をプレーで引っ張った。

3位決定戦は、SCRATCH(東北) vs 九州ドルフィン(九州)。SCRATCHは、チームの中心メンバーで東京パラリンピックにも出場した藤井郁美が引退し、新戦力が加わった中での大会参加となった。九州ドルフィンは、チームワークが持ち味で、大型選手である江口侑里が加入したことで、高さを使った新たな攻撃オプションが加わった。
序盤こそ九州ドルフィンが連続得点でリードするが、徐々にSCRATCH ペースとなる。SCRATCHは、高さとスピードのある土田真由美が攻守にわたり存在感を発揮。九州ドルフィンは、ゲーム後半から江口侑里を多用し得点を重ねるが、組織力で勝るSCRATCHが59-39で勝利した。

      九州ドルフィン江口侑里(中央)

決勝戦は、カクテル(近畿) とWING(関東)の戦いとなった。WINGは、東京パラリンピックに出場した財満いずみ、石川理恵に加え、実力者である鈴木百萌子が新たに加入。予選リーグで前回大会準優勝のSCRATCHを破り、2010年以来の決勝進出となった。新戦力が加わったWINGが、王者であるカクテルに対し、どのような戦いを見せるかが楽しみなゲームとなった。
カクテルは得点力が高く、積極的なハードディフェンスで相手の攻撃を封じ込めるのが特徴。第1Q開始直後からカクテルがテンポの良いパスでWINGのディフェンスを崩しシュートチャンスを作る。カクテルは、シュートの精度も高く、中から外からとシュートを決め、得点を積み重ねていく。カクテルの攻撃の起点となるのは、柳本あまね。ローポインターながら、ロングパス、3ポイントショットも打つことができるパワフルな選手で、守備でもハイポインターに当たり負けしない。柳本がコートを幅広く使ったパスを繰り出し、WINGのディフェンスを揺さぶる。パスコースがないとみるやいなや、マークを振り切り、自ら中央へと切り込んでいく。カクテルは、ハイポインターである北田千尋、網本麻里が持ち前のスピードでWINGのマークを振り切り、シュートまで持ち込むことができる。第1Qは、カクテルの積極的な守備もあり、WINGがなかなか攻撃をすることができず、13-6とカクテルがWINGに点差をつけてリードした。
WINGは第2Q序盤に、石川理恵、椎名香菜子がシュートを決め、徐々に自分たちのペースを掴み始める。石川は遠目からのシュートを得意としている。WINGの攻撃チャンスは増えるが、カクテルも攻撃の手を緩めることなく、第2Qを終えて、27-19とカクテルリードで前半を終えた。カクテルは、攻守の切り替えが早く、テンポの早いパス、コートを幅広く使ったダイナミックなパスワークでWINGの守備を翻弄。フリーシュートの精度も高く、2段階、3段階の連続攻撃でWINGはなかなか対応することができない。第3Qを終え、44-25のカクテルリードで最終第4Qに入った。カクテルの守備は最後までWINGの攻撃を抑え、58-37でカクテルがWINGを破り、大会7連覇を達成した。カクテルは、個々の能力、チーム構成において他を寄せ付けず、良い守備から良い攻撃へと繋げていくカクテルの強みが十分に発揮された大会であった。

     今大会MVPのカクテル柳本あまね

車いすバスケットボール女子日本代表は、今年11月にUAEで開催される「2022 IWBF WORLD CHAMPIONSHIPS」への出場が決定している。パリパラリンピックの出場権獲得に向け、国際大会でも新戦力の活躍が期待される。

■大会結果
優 勝 カクテル(近畿)
準優勝 WING(関東)
第3位 SCRATCH(東北)

          WING石川理恵

        パッション立岡ほたる