TOP競技レポート記事一覧 > 競技レポート詳細

ウィルチェアーラグビーの魅力 ~2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会~

2017.06.28

2017年5月25日から28日までの4日間、千葉ポートアリーナで2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会が開催された。
今年はオーストラリア、アメリカを迎えての大会となった。

オーストラリア、アメリカ、日本。
この3カ国、実は2016リオ大会でメダルを獲得した国で、要するに世界トップ3の戦いとなった。(金:オーストラリア、銀:アメリカ、銅:日本)
大会結果は以下。
優勝 アメリカ
2位 日本
3位 オーストラリア

見ての通り、この3カ国の実力は拮抗しているのだ。
どこが勝ってもおかしくなく、一つのプレー、一つのミスが勝敗を分けることになるのだ。

記者も色々なパラ競技を観ているが、やはりこのウィルチェアーラグビーは迫力が物凄い。
選手同士のぶつかり合いもそうなのだが、比較的障がい重度の選手であるローポインターの動きが観ていて面白い。

ローポインターは相手のハイポインターの選手の動きを封じたり、自陣の攻撃の時はスクリーンプレイをしたりと、とても重要なプレーをすると記者は思っている。
どうしても派手でダイナミックなプレーに目が行きがちだが、是非ローポインターの動きを見て、試合を楽しんでもらいたい。

チャレアスは引き続きウィルチェアーラグビーを応援する。